何故過払い金が発生するのか?

過払い金請求の正しいノウハウ

何故過払い金が発生するのか?

給料日まで手元が足りない・急に入用が出来た・欲しいものがあるけれど予算が足りないなど、さまざまな理由から貸金業者から借入をした経験を持っている方も多いのではないでしょうか。
そんな中この数年払い過ぎた利息を取り戻す、過払い金返還請求が注目されています。
法律で定められている金利以上の請求が発生し、実際には払わなくて良かった金利を返してもらう過払い金返還請求。
どの様に手続きを進めていくのか、基本的な知識をご紹介したいと思います。

払い過ぎた利息を取り戻す過払い金返還請求はもちろん自分でも手続きをする事が出来ますが、一般的には弁護士など法律に詳しい専門家に依頼をして進めていきます。
過払い金は必ずしも貸金業者から借入している方すべてに当てはまる訳ではなく、まずは実際に過払い金があるか計算しなくてはなりません。
では何故過払い金が発生してしまうのか、まずは過払い金発生のメカニズムについて触れてみたいと思います。

過払い金の相談はこちら

お金を借りる際に金額に応じて貸付金利が発生しますが、この金利は法律によって上限が定められています。
その上限を超えて金利を請求した場合に、過払い金が生じてきます。
この上限は10万円未満だと年20%、10万円以上100万円未満だと18%と、総借入額が多くなる程金利が低くなります。
金利は取引開始時の利率からスタートしますが、上限額が超えると利率も下がります。
また、本来一度下がった利率は上がる事がありません。
このカラクリを逆手に取り貸金業者が多く金利を請求し、過払い金が発生するのです。

もし過払い金があるのではと不安を感じているようならば、まずは弁護士など専門家に相談されてみてはいかがでしょうか。