交通事故被害者サポーター
交通事故被害者サポーター

交通事故の被害者になってしまったら

突然交通事故の被害者になってしまったら、まずは負傷者の手当をする事が先決です。
もし自分が怪我をしている場合、すぐに病院に行かなければなりません。
また、相手方が怪我をしている場合もあるかと思いますので、まずは安全確認をして手当をしてもらいましょう。
その上で、警察を呼ぶ事が大切です。

警察を呼んで待っている間、もしその場にとどまると後続の車等に迷惑がかかるのであれば、事故が起きた」ことを周りに知らせるために何らかの合図を出す必要があります。
例えばハザードランプをたいて後続の車に合図したり、三角の停止表示を車の後ろに置く、といった対応が考えられます。
特に、高速道路などでの事故は二次的な事故の危険性もあるので、必ずこうした対応をとる必要があります。
発煙筒を焚いてしっかりとアピールすることが大切です。

警察を呼ぶ事には、たとえたいした事故ではなくてもきちんと意味があります。
警察に連絡すると、きちんと事故の現状を聞き取り、調書を作ってくれます。
これにより、きちんとした状況の整理ができ、後から不利になるのを防ぐ事が出来ます。
そもそも、保険金を保険会社から受け取ったりする際に「交通事故証明書」が必要になります。
これは、実際に警察で「交通事故」だと認められなければ受け取ることができないものです。
しばしば「示談」にすれば簡単だと当人同士で話し合ってしまう場合がありますが、警察に連絡しないのは問題です。
特に、警察を挟まずに示談にすると、交渉する時に公的な証明、第三者の目が無くなってしまうため、事故当時の状況を正しく判断できる人が居なくなってしまいます。

とにかく当人同士の安全確保、そして警察を呼ぶということの重要性がお分かりいただけた事と思います。
その他にも、色々な注意点をご紹介します。

弁護士基準の交通事故慰謝料はこちら